FF7REMAKEで英語学習#1 イギリス人ネイティブによる解説付き

Moo
Moo

Final Fantasy 7やっと届いた!! (Amazonでプレオーダーしたが、発売日2日後に到着)

Jo
Jo

Finally!!

Moo
Moo

こ…これは…おもしろい…

Jo
Jo

We both played the original FF7 on the Playstation

more than ten years ago.

Moo
Moo

REMAKEに備えて、先月もSwitchでオリジナルのFF7クリアしちゃったけどね。

エメラルドウェポンも倒して。

Jo
Jo

Compared to the original version, the story is more detailed and interesting.

Moo
Moo

それぞれのキャラクターの個性が溢れているセリフが大好き。

Jo
Jo

I like Jessie in this version.

I thought she’s a guy in the original,

but now I know she’s actually a girl, she’s much cooler.

Moo
Moo

ただ、理解できない英語の表現がたくさん出てくる… 特にバレットさん。

Jo
Jo

Barret uses a lot of slang words, so some of the translations are different.

But you have me, so you’ll be fine!!

Moo
Moo

ありがとう, Jo!! これから質問していってもいいかな?

Jo
Jo

Go for it!!

Moo
Moo

Youtube FF7 Cutscenes #1 日英同時字幕 ムービー の該当する時間のリンクを貼っておくね。

Yeah, what he said!

Youtube 動画 該当箇所 5:18

Jo
Jo

Yeah, (I agree with) what he said!

という文章を省略した形だね。

Moo
Moo

このWedgeは、Biggsが言った”You got this!”に賛成!

って意味だね!

He’s got balls.

Youtube 動画 該当箇所 5:35

Moo
Moo

ballsってもしかして…

Jo
Jo

そう、キ○タマのこと。

タマタマとも呼ばれるように、タマが2つで複数形のsがつく。

意味は、度胸があるって意味なんだ。

Moo
Moo

日本語で言う、男らしいってニュアンスだね。

Jo
Jo

面白いのは、この表現は女性に使われた方が、しっくりくるんだ。

Moo
Moo

男性がキ○タマ持ってる方が、しっくりくる気がするけど…

Jo
Jo

だからこそ、女性が普段持っていないキ○タマを持ったとき、

尋常でないほどの度胸を発揮するんだ。

Moo
Moo

キ○タマって、すごい…

Jo
Jo

ここでは、Jessieは、クラウドに対して、

目を見張るほど立派なソルジャーのキャリアを捨てるほどの度胸があって、

尋常でないということを、キ○タマを使って表現しているんだ。

Moo
Moo

Jessieがキ○タマという言葉を使うなんて、日本人の僕からしたら、

She’s got balls!

って感じだね。

This is a onetime gig.

Youtube 動画 該当箇所 5:35

Jo
Jo

gigというのは、定期的に開かれない演奏会などのことを指すんだ。

Moo
Moo

ここでは、Cloudはこのアバランチの仕事が、1回の雇われただけの仕事であって、

決して、アバランチの仲間になったわけではない。

ということを表しているんだね。

Ain’t holding out on me, are you?

Youtube 動画 該当箇所 7:30

Jo
Jo

ain’tはam not, are not, is not, has not, have notの短縮形だね。

スラングの1つで、まさにワイルドなBarretがよく使いそうな表現と言えるね。

Jo
Jo

hold out on ~ で、~に秘密にしておく

という意味だね。

Stamp scared to bite the hand that fed him?

Youtube 動画 該当箇所 7:30

Jo
Jo

スタンプってなんのことだろう?

私も何かわからないな。

Moo
Moo

調べてみたら、「忠犬スタンプ」というキャラクターがFF7の中に存在しているみたい。

Jo
Jo

そしたら、神羅に飼われている犬のように、元ソルジャーのCloudは、怖がって神羅を裏切ることができないのか、とBarretが責め立てているシーンだね。

Get help.

Youtube 動画 該当箇所 10:16

Jo
Jo

get help で、助けをもらえ、

という意味だね。

Moo
Moo

Barretが地球の苦しむ泣き声が、真っ直ぐ本当に聞こえてくるというのを聞いて、

Cloudがこの表情で言った言葉。

この台詞には、Jessieもびっくり仰天しちゃってたね。

Jo
Jo

エアリスに対して、どういう返しをするのか、楽しみだね。

Our lives are on the line now.

Youtube 動画 該当箇所 11:23

Jo
Jo

on the lineの語源は私も調べたけど、誰もわからないみたい。

意味は、at riskと同じで、危機に瀕しているという意味だね。

Moo
Moo

調べてくれたんだね。

ありがとう。

They don’t call those things sweepers for nothing.

Youtube 動画 該当箇所 12:16

Jo
Jo

何もなければ、掃除機って呼ぶことはない。

数秒で、一隊を全て一掃することができる。

って意味だね。

Moo
Moo

そのままと言えば、そのままの意味だけど、二重に否定する表現は少し難しいと感じたな。

Not if you wipe the floor with them first.

Youtube 動画 該当箇所 12:16

Jo
Jo

Not if ~ は、it will not happen if ~ の省略されたものだと考えてもいいね。

~だったら、それはないだろうって意味だね。

Moo
Moo

ここでは、先に wipe the floor = 打ち負かせば、it = wipe outされることは起こらないだろう。

って言ってるってことだね。

Jo
Jo

Not if I can help it. って、よく使われるフレーズがあるの。

しないつもりって意味。

Moo
Moo

It will not happen if I can help it.

だったら、

もし可能だったら、それは起こらないだろうって意味になりそうだけど…

Jo
Jo

長い文章で書くと、

It will not happen if I can help myself not to do it.

もししなくていいことが可能なら、それは起こらないだろう。

って文章になるね。

Moo
Moo

なるほど。

Not if I can help it.

は、

もししなくていいんだったら、やらない。

ってニュアンスだね。

You double-crossing.

Youtube 動画 該当箇所 13:50

Jo
Jo

double-crossingは、裏切るという意味だね。
Cloudが、神羅から、アバランチにcrossing overしてきて、

ここにきて再び、神羅へとcrossing overしたのでは、とBarretが疑いをかけて、銃を突き付けているんだね。

Damn thing showed you how it’s done!

Youtube 動画 該当箇所 14:27

Jo
Jo

damn thingは、ボスのサソリのことで、爆弾の爆破のさせ方を見せてくれたな。
とCloudに皮肉を言っているね。

Moo
Moo

功労賞は、あのサソリにくれてやる。という和訳も面白いね。

If I couldn’t, believe me, you’d be the first to know.

Youtube 動画 該当箇所 17:07

Moo
Moo

Cloudに、歩けるか?と聞かれたあとの答えだね。

Jo
Jo

もし仮に歩くことができなかったら、きっとCloudが1番最初に気付いてくれたよね。

って意味だね。

仮の話だから、実際は歩けるんだ。

Moo
Moo

日本語字幕の、

助けてもらおうと思って、

わざと転んでみたの。

って台詞は意味が少し違うけど、

実際は歩けて、Cloudが助けてくれると信じているところは同じだね。

You sure told those doors.

Youtube 動画 該当箇所 18:46

Jo
Jo

You showed your power. と同じ意味になるね。

ドアにJessieのパワーを見せつけたってこと。

Moo
Moo

You sure told the door that you have power.

の後半の部分が省略されたと考えることができそうだね。

Jo
Jo

そうだね。

sure toldのセットでよく使われるよ。

Let that be a lesson to anything that gets in my way!

Youtube 動画 該当箇所 18:46

Jo
Jo

邪魔するものには、that = 私のパワーがあるということ を教訓にしてやろう。

って意味だね。

Moo
Moo

Let that be a lesson to you. はよく使われるフレーズだね。

Jo
Jo

何か失敗などしたときに、

「教訓にしなさいよ」って意味で使われるね。

Nothing worth fighting for was ever won without sacrifice.

Youtube 動画 該当箇所 19:54

Jo
Jo

犠牲なしには、戦いに値するような勝利は決して得られない。

って意味だね。

Moo
Moo

文法が少し紛らわしいから、説明をすると、

ここのwonはwin won wonのうちの過去分詞のwonだね。

主語がnothingで、be動詞 + 過去分詞で、受動態の形をとっている。

Moo
Moo

ここのシーンのBarretの演説はかっこよかった。

アバランチのメンバーがBarretをリーダーとして慕っているのが理解できたよ。

終わりに

Moo
Moo

FF7の台詞をこうやって、じっくり見てみると、学ぶことがたくさんあったよ。

Jo
Jo

それはよかった。

学ぶことは大切だけど、継続するには、楽しむことが1番大切よね。

Moo
Moo

FF7 楽しいー!! 続けまーす!!

コメント